トップページ > 企業情報 > 事業内容 > 衣裳事業・リゾート挙式事業

衣裳事業・リゾート挙式事業

ドレスメーカーの商品力と、全国に広がるネットワークを武器に、エンドユーザーに一歩近い事業領域へ

インショップ事業

婚礼衣裳の流通経路開拓の一環として、エンドユーザーにも近いホテル・結婚式場・結婚プロデュース会社等、広範なブライダル関連企業と業務提携を結び、提携先の施設に併設のコスチュームサロンを運営するインショップ事業を積極的に展開しています。
インショップ事業は、提携先の施設を利用すると同時に、メーカーの利点を活かして商品調達コストを低減することにより、最小限の初期投資で事業をスタートできるメリットに加え、クラウディアの商品力・スタッフの商品知識と、提携先独自のノウハウとの相乗効果により、両者の共存共栄を実現するビジネスモデルです。

オープンショップ事業

「リゾートウエディング」「ハウスウエディング」「レストランウエディング」等、挙式形態の多様化やエンドユーザーの購買心理の変化に伴い、婚礼衣裳にも「借りる」に加え「買う」というニーズが生まれました。
当企業グループでは1996年、東京・銀座に直営オープンショップ「銀座クチュールナオコ」を開設し、エンドユーザーに向けたセルドレス(=販売用ドレス)の販売を開始しました。以降、札幌・仙台・軽井沢・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡に店舗を展開、近年ではFC店を含め、全国ネットワークを形成しています。

リゾート挙式事業

海外リゾートウエディングの領域では、ハワイに直接進出しています。ハワイでは現地法人を設置し、「クチュールナオコ」現地サロンを運営、国内店舗との密な連携により、お客様に国内「ナオコ」で試着して選んでいただいた同じ衣裳を現地でレンタルしていただくシステムを導入しています。また、沖縄を中心とする国内リゾートウエディング向けのサービスにも注力しております。
リゾートウェディングの各拠点ではチャペル・レセプション会場の自主運営や、教会との提携による衣裳供給を通じて、競合との差別化とシェア拡大を推進しています。

アイネス ヴィラノッツェ 沖縄

2011年3月にオープンした、沖縄初の本格ウエディングリゾート。オーシャンフロントのチャペルとバンケットに、新郎新婦専用のヴィラスイート12棟とレストランを併設した大型施設です。開放感溢れる空間で五感を解き放ち、名護の美ら海と豊かな自然に囲まれて祝福を受ける喜びを、ひと組でも多くの新郎新婦に体感していただきたいと願っております。

■アイネス ヴィラノッツェ沖縄に関する情報はコチラ